朝日あんしん引越センター
HOME 朝日あんしん引越センターとは? 標準引越運送約款 会社案内 個人情報保護方針
■手続き編
■梱包・整理編
■その他






引越の時に、なくてはならないのが<段ボール箱>。思いの外大活躍してくれるので、サイズもいくつか揃えたいところ。
引越会社の営業担当者に、見積りの段階で相談して下さい。
本はひもで束ねるだけでは、すぐ崩れるし汚れてしましますが、箱に入れておけば、積むこともできるし、大事な本の角が汚れることもありません。 ただし大きな箱に本をぎっしり入れてしまうと、重すぎて持てないので注意しましょう。
小さなサイズの箱に、今まで本棚に入っていた棚ごとの状態できっちり箱詰めすれば、新居に移ってからの整理もラクラクです。
イラスト
イラスト
1軒分の荷物となると、段ボール箱もかなりの数になります。積んでしまうと、せっかく箱の上部に書いた文字は見えなくなってしまうので、箱の上部、側面 に<内容物>と<どこの部屋に運ぶのか>を太いマジックではっきり書いておきましょう。
新居の間取り図に番号を振って、<2F-1 夏物衣類>などと書いておくのも有効です。
壊れやすい物などには<ワレモノ注意>と朱書きしておくこともお忘れなく。
大事な物は段ボール箱ではなく、紙袋などに入れて、自分の手で運ぶことをおすすめします。
段ボール箱の中に大きなビニール袋を入れると液だれによるシミ汚れも防げる万能ボックスに
荷造りをしていて、ちょっと困ってしまうのがキッチンまわり。フライパンやお鍋、ふたなどは案外場所を取るし、フライ返しや菜箸などの小物と一緒にして運びたいもの。
そこで大きな袋を段ボール箱の中に仕込んで、その袋の中に、全部一緒に収めてしまいましょう。
小物はさらに小さな袋に入れて収めると衛生的ですし、新居で使うときも「ふたはどこかしら?」「お箸がないわ」といった煩わしさからも解放されます。箱の外には内容をきちんと書いて、新居についたらキッチンに運んでもらうことも忘れずに。
同じようにしてトイレ周りやお風呂周りのものを整理するといいですね。




アサヒコム 朝日エンディショップ
HOME | 朝日あんしん引越センターとは | 標準引越運送約款 | 会社案内 | 個人情報保護方針 | 朝日新聞購読
ここが安心・ここがメリット | Q&A | 引越豆知識 | 引越便利窓 | 引越レイアウト | 引越インフォメーション

Copyright(C) Asahi Anshin Hikkoshi center. All Rights Reserved